自動車重量税

バドミントン自動車重量税は、自動車の登録時と車検ごとにかかる税金です。自動車の重さで決まる税金で、乗用車の場合には、車両重量500kgあたり4100円が1年間の費用になっています。ですから車両重量980kgのコンパクトカーを新車登録する場合には、重さが1000kg以下で、3年分ですので、24600円納付することになります。その後の継続検査では2年分ですので16400円支払うことになります。重量税は元々道路整備の財源として作られましたが、現在は一般財源化しています。自動車税と性格が近く二重課税であるという批判があり、最初定めた暫定税率の期間も過ぎたので、拝辞すべき妥当議論があり、今後廃止される可能性もあります。また自動車全般に課税されていますが、原付自転車には課税されていません。また車検のない軽2輪、2500cc以下のオートバイは新車の登録時だけ課税されることになっています。またグリーン税制になっており、13年以降、18年以降で税額が上がる仕組みになっているほかに、電気自動車、ハイブリッドカーなどのエコカーでは大幅に安くなっています。軽自動車も課税されていますが、軽乗用車の場合で年額が一縷3300円となっており、普通車に比べてかなり安くなっています。

Comments are closed.