自動車税

バスケットボール04自動車税とは、毎年4月1日の時点で自動車を保有している場合にかかる税金のことです。この税金を納める人は自動車の保有者です。ローンを支払中の自動車や、バスやトラックなどにもかかります。この車税の対象となる自動車は、道路運送車両法の適用を受ける自動車の中から、二輪の小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車を除いた車になります。二輪の小型自動車、軽自動車、小型特殊自動車には、軽自動の車税がかかりますし、大型特殊自動車については、固定資産税が課税されるためです。重複課税を避ける目的です。自動車を購入する場合には、自動車定置場所を定める必要があります。定置場所とは、自動車を使用しない場合に、自動車を止めておく場所のことをさします。この車税は、この自動車定置場所の所在する都道府県に支払いをすることになります。車税の納期は、4月1日の時点での所有者に納税通知書として送られてきます。車検を受けるためにはこの税金を納めることが不可欠になります。なぜなら車検を受ける時には、必ずこの税金の納税証明書が必要となるからです。環境への配慮から、グリーン化税制という制度がありますが、これは排気ガスおよび燃費に優れた自動車の車税を税率を50%程度軽減するものです。また新車登録時から一定年数を経過した、環境への負担が大きいと判断される自動車に関しては、この車税の税率を10%ほど多く課しています。

Comments are closed.