自動車取得税

ビリヤード01自動車取得税とは、自動車を売買などによって購入した自動車取得者に対して課せられる税金のことです。税率は、新車での購入と中古車での購入とでは変わります。また中古車の中でも、年式が新しい場合とある程度年数が経過している場合とでは変わってきます。この所得税の課税対象になる車両には、自動車および軽自動車が含まれています。ですが自動車の取得金額が50万円以下の場合は、課税対象とはなりません。また電気自動車やハイブリッドカーなどの低公害車と認められた車の場合にも、課税の利率を引き下げられるという特例措置が設けられています。またローンの完済による取得については課税されませんし、相続による取得についても課税されることはありません。障害者の方が利用する自動車については、定められたの規定に当たる場合には減免の措置がとられています。また自動車の車両本体のほか、たとえばオプションなども課税対象となっています。つまり、課税対象である取得したときの価格というのは、車両本体の価格、及びオプションなどの付加品目価格の合計額を指しています。ただし、スペアタイヤやフロアマットなど、固定されないものについては取得価格には加えられません。

Comments are closed.