消費税

バレーボール消費増税に伴い耐久消費財としての自動車の購入が駆け込み需要とし加速しています。
このことは、消費増税後の消費の冷え込みの問題も同様に抱えていますが、ただ増税直後の大幅な需要冷え込みによる国内自動車関連企業に与える悪影響を考慮して、自動車取得税の廃止も検討されています。
消費税が現行の5%から8%に上がれば3%の負担が消費者に求められるため、確かに負担増となりますが、はたして駆け込みで購入することがお得なのでしょうか。
と言うのも、現在は競争の世の中で市場原理主義であるため、モノは売れなければどれだけ高い価値を示しても企業の収益性においてマイナスとなります。
そのため、企業は一つの車を作るため売り上げが作れるような工夫をします。
消費増税が実行となれば、企業側もそれを想定した販売戦略を検討します。
300万円の車で9万円の負担増となるのですが自動車取得税の廃止で、ゼロ着陸となり冷え込む需要に対して対策を練るキャンペーン企画などでオプションやサービスが付けば、消費増税そのものが車の購入にそれほど影響は与えないこともあります。
そもそも車はいくら増税を控えているからといっても高額であり、欲しい車がなければ慌てて購入する意味がないと考えたほうが良いでしょう。

Comments are closed.